Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
博士課程が危ない!
 来週の半ばまでにペーパーの研究計画書を書かないといけないのでばたばたしているのですが、ちょっと気になったので、成績のGPA対応を聞いてみました。 GPAは、学業成績を数値化したもので、アメリカの大学院に行くときに結構重要なものです。 学校の事務局によると、答えは以下の通りでした:


 A+ 4.00 
 A  3.02
 B  2.20
 
  ゚д゚)




















  (つд⊂)ゴシゴシ
































  (;゚д゚)

























  (つд⊂)ゴシゴシ






























  
 (;゚ Д゚) …?!




























  (つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ








































 
  (; Д ) !!!!!!




 
 ヤヴァイです。 現在のGPAを計算してみると、3.45程度しかない。 3.6が、トップスクールのギリギリライン。 

 でも、このGPAの対応のさせ方、おかしいんですよね。 普通、GPA3.6以上って、上位5%の人がとれるようになっているものなのです。 受講科目中、60%がA+で、40%がAで、3.6になるわけですが、この学校では、A+は5%~10%くらいの人しか取れないので、そんな人はあまりいないのではないでしょうか。

 専門柄、さっそく感応度分析(?)を。


 結果判明したのは、これから履修するであろう9科目、すべてA+で、やっと3.62になるということ。 Aが一つでも混じると、3.6を下回ってしまいます。 後悔後先に立たず。 いくつかのやる気を全く持てなかった科目たちが、走馬灯のように思い浮かびます。 学校に入ったときに聞いておけば、と思っても仕方ないのですが。

 気づかぬ間に背水の陣を布いていた模様です。
 残り科目オールA+、できるかどうか、じゃなくて、やります!


Comment
≪この記事へのコメント≫
その経験が多い(書類提出の〆切が実は今日だったとか)俺としては気持ちがよくわかる。そして俺は〆切ギリギリで何とかなってきた。要は思い込み。俺はできる。おちつけ。おちつけ。
2007/03/08(木) 23:04:34 | URL | 文哲 #-[ 編集]
改めてコメントします
直前の書き込みは、書きかけのままPassを入力しないで誤って登録してしまったので自分で消せません。申し訳ないですが消去のほどお願いします。

で、改めてコメントしますが、こんなもので選考するなんて実に変ですね。大学院での価値観って何を研究するかが大事なのであって、少なくともその入り口に立たせるか否かの段階でこんなにがちがちに点数評価するのはおかしいと思うのですが。

こんな足きりをしないといけないほど、応募者が多いということなのでしょうが・・・それにしても、ねえ。
2007/03/09(金) 03:41:48 | URL | 匿名希望でございます。 #jsBW8FAg[ 編集]
むんちょ、感想としては、真剣にやれば必ず大丈夫だ、って風だったから、オールA+目指してみる。 ありがとう。



匿名希望様、普通、GPAって真面目に勉強していれば、どこにもいけるものが帰ってくるはずなんですよ。 このままじゃ、うちの卒業生は、行きたくてもよいPH.Dに行けなくなってしまう。。。 大学院的にも損失だと思うのですが。。
もう半分が過ぎてしまいましたね。 頑張りましょう!
2007/03/11(日) 00:50:44 | URL | Taejun #-[ 編集]
ちょっと勘違いしていた
この記事の趣旨は、選ぶ側の数値ではなくて、成績をつけた大学院側の成績評価・GPA換算基準が厳しいという話だったのですね。見当はずれなコメントでした。

ま、匿名希望としては既におちこぼれ決定(いかん、言いすぎだ。「海外留学という夢に関する限りは」というべきだな)ということが分かったのは収穫だった。情報ありがとうございます。
2007/03/11(日) 02:39:58 | URL | 匿名希望でございます。 #jsBW8FAg[ 編集]
はい、そういうことです^^;
それにしても、、ピンチですっ!
2007/03/13(火) 01:54:41 | URL | Taejun #-[ 編集]
知らなかった
お久しぶりです。今引越し中であまりインターネット環境が良くありません。

そもそもうちの大学院はA+(秀)という評価がありません。私以上にTaejunさんは留学について詳しいと思いますが、海外のドクターに進学しようとしていた友人はcomprehensive testで落とされたといっていました(そして帰国)。
ちなみに、私の大学院ではそれほど海外志向はありませんでした。今の指導教官とうまくやっているのであれば、逆に外国人の教授とうまくやっていくのはリスキーだという意見です。
まあ私の大学院はそれだけいい先生に恵まれているからかもしれません。私は、入る学校よりもそこで何をするかだと思います。

ちなみに、林文夫先生は海外留学の推薦状について、以下のように述べています。
http://fhayashi.fc2web.com/recommendation_policy.htm
彼も相当極端な部類だと思いますので、あくまで参考にどうぞ。
厳しい競争社会(アメリカ)が良いのか、良くも悪くも平等社会(日本)が良いのかは本人次第です。ちなみに、私は日本の大学院でそれほど深刻な不満はありませんでした。
2007/03/16(金) 22:50:04 | URL | チキンワイヤー #-[ 編集]
リンク先読ませていただきました。 現時点でいく予定すら定かでないので、取らぬ狸のなんとやらではあるのですが、選択肢が大いに越したことはありませんし。。

なんにせよ、頑張ります!
時間が出来たら飲みにいきましょう!
2007/03/17(土) 01:51:52 | URL | Taejun #-[ 編集]
林文夫先生以外で、特別優秀でない学生でもそこそこフォローしてくれる先生はたくさんいると思います。彼の意見が全てではないです。
多分、いい加減な学生が世界的に有名な林先生の推薦を頼りにすることがあまりに多いので、このような前書きをしているのではないでしょうか。
ちなみに、第四パラグラフで述べられている次の条件は、私は彼の授業を受けていませんが、どれひとつとして私は満たしていないでしょう。これを満たしていないからといって、別に学者になれないとか、自分を卑下する必要もありません。あくまで、林先生にお願いするならこの条件を飲め、という主張です。

用件は、お誘いありがとうございます、ということです。
一応3月いっぱいは暇ですので、お忙しいそちらの都合に合わせられると思います。適当に連絡ください。
私はほとんど飲めませんので、ご了承ください。
2007/03/21(水) 02:01:33 | URL | チキンワイヤー #-[ 編集]
 確かにここまでこだわる方も珍しいとは思いますが、ここまでされると、逆に推薦状を書いていただけるとものすごい安心感を得られるのでしょうね。 それに、書かれていることも筋が通っていますし。

 3月となると、末でしょうか。 また連絡します。
2007/03/21(水) 12:16:04 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。