Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ジュニアにとって一番大切なこと。
 仕事を始めて1年が経ちます。 個人的に、下っ端の人間にとって一番大切だと感じているものを。



 
 
 自分が提出する数字と言葉に責任を持つこと、だと思います。

 ただ数字を提出してレビューする人に頼るだけなら、誰にでも出来ます。 重要なのは、その数字が出てきた背景について、どのような質問を受けても、分からないという事が絶対に無いように準備することだと思います。
 そのためには、ファイナンスの知識のみならず、会計の知識や、契約書などをしっかりと読み込む能力も相当必要だったりします。 さらに、エクセルの知識や、データベースの種類と性質などを知ることも。 なんて書くと仰々しいのですが、周りに知っているスペシャリストがいっぱいいるので、分からないことはその人たちに一つ一つ聞いていけば良いんですよね。 
 
 言葉に対しても、上と同様。 細かいミスを無くすのはもちろんの事、提出する言葉に対して、少なくとも自分の中では100%の納得をしていく必要があると思います。


 もちろん、そんな事をしなくたって仕事は出来ると思います。 ですが、それを日々実行している人とそうでない人の間には大きな差が出てくるのだと思います。 上に行く人は、かならずこの段階をしっかり踏んでいるのだと思います。 だからこそ、鋭い思考をすることが出来るのでしょう。
 
 一つ一つの数字集めなどは、一見雑用に思えますが、それら一つ一つを、学びの機会ととらえて目的意識を持って取り組んでいきたいですね^^
 
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。