Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
抽象化して見えてくるもの。
 勉強がら、抽象的思考をすることが増えたと思います。
 
 世の中では、「抽象的」というと、現実をわかっていない、生産性に欠ける考え方と思われがちですが、それは大誤り。 少なくとも、2点において素晴らしい威力を発揮してくれると思います。

 第一に、本質を見抜けること。
 第二に、大切なものを見つけられること。

 第一に、抽象的思考をすることによってのみ見えてくる本質があるということです。

 世の中で起こる出来事は、複雑性に満ちています。 そんな世の中の出来事のいくつかには、その多くを偶然に左右されるようなものも含まれているわけです。 そんなものを追いかけていても、かえって木を見て森を見ずに陥ってしまうわけです。
 抽象的に見る、というのは、不必要なものを捨象して、コアの部分だけを見ることを意味します。 抽象化そのものに関しても相当な技と勘がいるのですが、これがうまくなってくると、世の中を、より精細なものとしてとらえることができるようになるのですよね。
 
 川の流れを、抽象化してみることができる人は、それが最後には海(たまに湖)に行き着くことを知っています。 ですが、抽象化をできないで、その行く先々の方向のみを追っていると、その川が海に行き着くことすら見えないのですよね。

 
  
 第二に、生きることにおいて、何が大切なのかを、わかることです。

 一度、思考の訓練として、「もし~が身の周りからなくなったら」という問いを、ありうる範囲で考えてみてください。 すると、いろいろなものが見えてくると思います。
 財産なんて、いくらあっても、一夜にしてなくなることがあり得ます。 専門知識も、新技術の発達により、一瞬にして陳腐化することはあり得ます。 いわゆる人脈も、都合のよい人脈はすぐに切れることだってあり得ます。 多くのものは、運命の偶然により左右されうる、はかないものなのです。

 そういうことを考えると、何が一番大切なのか、というのが、前よりもはっきりと見えてきます。

 健康な心と体、信頼できる仲間、そして、知恵。 これくらいじゃないのでしょうか。 というのも、大胆に抽象化した場合、私たちの世界とは、不確実性のもと、人間が社会関係を結んで生きている世界にすぎないからです。 

 今は専門的な知識や技術だけを身につけるような環境にいるわけですが、このことを忘れないで、本質的に重要なものをちゃんとすくい取れるように、自分を磨きたいと思います。
 

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。