Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
新法則の発見?
 、、、なんて仰々しいタイトルをつけてしまいましたが、もしかしたら本当にちょっとした発見なのかも。 (もちろん、今までの人生で、こういうたぐいの発見をした気になったことは多くあり、そのうち、まともな発見だったのは、卒論のネタとその他いくつかくらいにすぎなかったのですが^^;)

 その発見(?)は、いわゆるパレートの法則に関するものです。


 ざっくり言うと、パレートの法則の説くものは以下のようなものです。

 ある集団の二割のものが、ある事象の八割を説明する。

 例(ウィキペディアからのコピペ。)

・ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。

・仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。

 
 でもですね、、いまちゃかちゃかと数字をいじっているわけですが、

 もしかしたら、2割の人々・モノが説明しているのは、8割ではなく5割にすぎないなのかもしれません。 すくなくとも、僕がいまいじっている数字においては、半分だけが、上位の二割で説明されているのです。


 まあ、思いつきにすぎないかもしれないので、これから時間をかけてサンプルを集めていきたいと思っています。 

 
Comment
≪この記事へのコメント≫
パレートの原理だか法則というのは、マーケティングの分野でよく考えられることみたいです。特にその上位20%が売上全体の80%を占める優良顧客として、彼らに積極的なプロモーションを仕掛けるのが、より効率的だということです。
19世紀のイタリアの学者パレートが財政比率か納税についてこの比率が通用することを見つけ、これは他の外国でも同じだということを発見した、と記憶しています。
これは私の学部時代の卒業論文のイントロダクションに書いてあります、確か。

私もOR学会で何度もこの用語を見ましたが、割とラフに用いられていて、上位30%が全体の70%を占めるといった要は著しい偏りを見つければ良いみたいでした。

ちなみに、「ある集団の二割のものが、ある事象の八割を説明する。 」といっておきながら、
・仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
というのは、集団ではなく、個人に対してあてはまるような言い回しですね。しかも裁量労働制にとって時間の概念はないため、
また、院生のころは勉強が大変で常に勉強していたため、そんな効率的に時間を使うことはできなかったです。

なので、修正すると
・仕事の成果の8割は、従業員全体のうちの2割の従業員で生み出している。
これならば納得できないでしょうか?
2007/06/09(土) 08:58:25 | URL | チキンワイヤー #-[ 編集]
パレートの法則
の重要なインプリケーションは、その割合の数字ではなくて、構造なのでは??
2割が8割というのはどちらかといえば、その構造の比喩であって、美しいと感じるものの中に気がつけば存在する黄金比における割合のようなものとは少し違う気がします。
2007/06/09(土) 13:23:46 | URL | 通りすがりのMBA(Finance) #-[ 編集]
どうやら、またまた勘違いだった模様^^;
 チキンワイヤーさん、通りすがりのMBAさん、ありがとうございました。

 ちょっと落ち着いて考えてみると、法則云々というより、分布の問題に帰着するのだと思います。 世の中の多くの自称について、ある確率分布を仮定することがおおむね正しいのであれば、必ずといっていいほど、そういった法則性らしきものは見つかるのでしょうね。

 ※ちなみに、集団、ということばは、適当な言葉が見つからずなかなか迷ったのですが、人間もそれ以外のものもすべて含んでいます。




 
2007/06/09(土) 16:40:23 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。