Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
後輩たちに話したこと。
 大学の後輩たちに呼ばれて、お話をしてきました。
 要望が「勉強について」という、なんともオープンエンドな内容だったのですが、3つのことを話してきました。

 1.重要性:なんで勉強が重要なのか
 2.必要性:なんで勉強をしなければいけないのか
 3.方法論:どうやって勉強すればいいのか

 1.重要性:なんで勉強が重要なのか

 一言で言うと、力をつけるためだと思います。 知は力なり、と昔の偉い哲学者さんも話しましたが、まさにその通りなのだと思います。 とくに、現代において、その性質はますます顕著になっていると思います。
 もちろん、強いからだと精神力も重要なのですが、知識とそれに裏付けされた知恵が重要な事には疑いを入れる余地がないと思います。

 なんてことを、実例を交えながら話しました。 たとえば、ある企業をよくよく見てみると、勝つべくして勝っていて、その勝つべくした要因の一つは、知の力なのだということ。 逆に、知の力が足りないと思われるために苦境に陥っている事柄についても話しました。


 

 2.必要性:なんで勉強をしなければいけないのか

 大切なものが人間にはあって、それを守るため、よりよくするためには、上述の力が必要だからです。
 
 最近、「人間は自分以外の愛するもののために生きるのだ」という考え方が身にしみこんできました。 

 その根本的な理由は、人間が生き物であるということにあります。 生き物であることの本質の一つは、死ぬことにあると僕は思います。 僕たちは死なないといけない。 その事実がある以上、自分のためだけに生きるという人は、人生の勝者になることはできないのだと思います。 だって、最後の最後には、死んでしまう(最高の価値の中心である自分が消えてしまう)のですから。
 まあ、これはブログでちょっと前に書いたことでもあるのですが、やはり、人は誰かのために生きることによってよりよく生きられると思うのですよね。 そして、その誰かのために生きるためには、誰かを守るためには力が、どうしても必要。 その力の一つは、知の力。  
  


 3.方法論:どうやって勉強すればいいのか

 基本は二つだと思います:
 1)記憶
 2)集中

 1)記憶
 人間には忘れる周期というのが存在するので、そのタイミングをうまくとらえて勉強すれば大丈夫。
  
 2)集中
 ・内的な心構えでできること~とにかくそれを好きになる。 好きでなくても好きになる努力をする。

 ・外的に作れること~静かな場所の確保、集中できるツールの発見、まとまった時間の作成


 で、最後には、いつもどおり、自分のやろうと思っていることを話して、自分がいまどのように日々を送っているのかを話して終わりました。 もう2年くらい前にこのブログに書いたことを、今も愚直に人前に出ると話し続けています。 

 http://stjofonekorea.blog6.fc2.com/blog-entry-329.html
 
 


 当日は終電で1時半ごろに帰宅して、今日は感想文への返答をしていたら、あっという間にこんな時間に・・・ でも、感想文を読んで、すごく元気が出ました。 明日もまた頑張ります!

 

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。