Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
真実と理想と現実。
 いきなり唐突なのですが、真実というのは、理想とも現実とも違うもので、そのはざまでたゆたう存在なのだと思います。 
 
 学問の世界で言い換えると、現実と理論の間に真実があり、現実と理論の間の弁証法的な関係の上に、真実がもたらされると思うんですよね。 また、社会に起こっている事象を見ることに関しても同じことがいえそうです。
 
 実証だけでも駄目で、理論だけでも駄目で、だからと言って、両方とも中途半端ではもっとだめで。

 卒業ペーパーのネタの切り口を考えてなかなかまとまらないのですが、こういった大局的な見方を常に忘れないようにしたいと思います。



 それと、
 
 
 
 
 発見というのは、いろいろな角度から物事をためつすがめつ見ることによってもたらされる場合が多そうです。 そのことを忘れないためにも、仕事と勉強以外のこと、たとえば芸術などにも、常に触れていたいと思います。 
 
 そんなことを、友人たちが参加している六本木のグループ展に参加しながら思ったのでした。

 
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。