Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
金融機関の歴史規定と経営理念。
 という内容で、欧米の金融機関マネジメントのレポートを、今しがた書き終え、明日提出です。

 https://www.webfile.jp/dl.php?i=218570&s=83b7893743868af27e63

 要旨:

 歴史とは、過去と現在との対話である。 企業が行う歴史規定にはその企業の現在の理念が反映され、その歴史規定は企業理念にフィードバックされる。 このような対話を通じ企業理念はより研鑽され、それは企業のパフォーマンスを向上させる。 歴史規定にかかる金銭的コストは少なく、その必要性は、グローバル化が進む現代において、一層増している。
 自らの歴史について考え、それを自らの理念に反映させることは、企業のみならず、人にとって重要であると考える。



 Thinkingさん、コメントありがとうございました。 コメントのおかげで、道筋がうまく見つかりました^^

これで、2007年の春期も終了です。 


 
 添付資料は画像にして下につけておきます:
 
 
Report1.jpg


Report2.png.jpg

Comment
≪この記事へのコメント≫
役に立ったなら嬉しいです
こんにちは。レポートをうまく捌かれたようで何よりです。
御礼の言葉を頂戴していますが、通りすがりの人間の書き込みに対応された御自身の誠実さ・まめさをこそ誇りに思われるべきで、御礼に頂くには及びません。
何にせよ役に立てたなら嬉しいです。良い評価が頂けますように。
2007/08/02(木) 14:04:05 | URL | Thinking #-[ 編集]
 いえいえ、本当にありがとうございました。
 コメントの内容が素晴らしければ、通りすがりも何も関係ないのだと思います。 匿名性ゆえに、変な権威に振り回されないという点も、ネットの利点なのかもしれませんね。

 これからもよろしくお願いします。
 
 

 
2007/08/02(木) 22:45:29 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。