Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
我が家の家庭内教育。
 色々な方から、僕が子供の頃親からどのように育てられたのかという質問をいただくのですが、思い出せる限りで書いてみようと思います。 子育てをされる方々の参考になれば幸いです。

 
 
 ざっくりというと、こんなところでしょうか:

 
 1.いろいろな所に連れて行く
 2.読み書きとパズルをさせる
 3.筋の通っていない事をすると厳しく叱る
 4.中学生以降は基本的にノータッチ

 

 1.いろいろな所に連れて行く

 とにかく、色々な場所に連れて行かれた記憶があります。 諸事情から海外に行くのは難しかったのですが、国内であると、近くの公園や、アスレチックのある公園、潮干狩り、山登り、海など、いろいろな場所に連れて行ってもらった記憶があります。
 特に、小1の時の富士山登山は、きつかった… 高山病で頭が痛くなってしまって。 

 そんなこんなで、好奇心などをかなり触発されたのかもしれません。




 2.読み書きとパズルをさせる

 学校の勉強の復習とかをさせられた記憶はないのですが、文章とパズルに関しては、日頃から接していた気がします。

 父は家に帰ってくると、兄弟を前にして、新聞を使った漢字の読み競争や、パズル競争などをさせていました。 それに興味を持って、難読語の本やパズルの本を買って読んでいた記憶があります。 僕の漢字の読み能力は、小学生の時から3,4割増しくらいしか増えていない気がします。
 
 読書に関しては、小学5年生の頃、父が持ってきた吉川英治の三国志全八巻を、「読み切ったら図書券を五千円分くれる」というニンジンをぶら下げられて、読み切ったことが、ひとつの飛躍をもたらした気がします。 その後、「竜馬がゆく」も読んで、今ほどに理解はできなかったとしても、人はこんなに大きなことが出来るのだということを感じた記憶があります。
 

 パズル系のものとしては、一番のものは、囲碁だったのでしょうか。 9年間、道場に通いました。 小学生が日曜の朝9時から夕方6時まで正座して碁を打つ、というのは、なかなか耐え難かったのですが(事実僕は碁は心底好きにはなれなかった)、やり通しました。 打った局を200~300手位まで覚えられるようになりました。 先のことも、数十手位までなら読めるようになりましたし。
 なんでもやり通すことと、記憶力、集中力、創造力などを鍛えられた気がします。 




 3.筋の通っていない事をすると厳しく叱る

 昔は腕をならした厳格な父と、ブロック二枚を割ることができる母に囲まれて育ったのですが、悪いことをした時に対する体罰にはすごいものがありました^^;
 日ごろの業務(?)は母が担当して、3か月ほどに一回は、父の雷が落ちます。 その時は、本当に、血の雨が降りました…

 と言っても、大きな違いは、そのぶん殴りの中にも、愛情がこもっていると私たちが感じられた点でしょうか。 そこら辺が、普通のDVとは違うような気がします。

 個人的な意見でしかないのですが、体罰は別に悪くないと思います。 そこに愛情がこもっているのであれば。 人間、ぶん殴られて痛みを知ってこそ、分かるものがあるのだと思うんですよね。 




 4.中学生以降は基本的にノータッチ
 
 そんなこんなで色々な関与を父母から受けるのですが、中学生になると、とたんに何も言われなります。 そして、その後は、基本的に子供が育つように育っていったようです。
 
  
 
 と、まあ、こんなところだったのでしょうか。
 
 世の親御さんたちの参考になれば幸いです^^


 
 
Comment
≪この記事へのコメント≫
うん、参考になったよ。
でも、血の雨は流石にきついな。笑

うちの子らは保育園に行ってるけど、
転んで怪我したりすると、先生たちが
「本当にすみませんでした」って、謝るんだよね。

ナは、
「先生が突き飛ばしたんじゃないのに
 どうして謝るんですか?子供が転んで
 怪我をするのは普通でしょう?」
って、感じに言っちゃう。

きっと親がうるさいんだろうなぁ。
これじゃ愛のムチも打てないんだろうね。

うちらが小学校の時とかさ、
普通に先生に殴られたりしたけど
そこには「愛」があったよね。

うちの子らは日本国籍だけど
そうゆうのを考えると、ウリハッキョに
通わせたいと切に思うよ。

長文失礼しました。エヘ
2007/08/19(日) 23:42:32 | URL | そんれ。 #i/1xYDC6[ 編集]
ありがとう。 そう聞くとうれしいよ^^

やっぱり、ウリハッキョ出身の人はわかってくれる人が多いんだよね。 体罰もそれを否認することも、手段の一つにすぎないのであって、もっと重要なのは、教育者が持っている心の在り方だと思うのだよね。

2007/08/20(月) 23:15:20 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。