Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
閣僚の不祥事発生率を冷静に考える。
 あるポストの大臣が次々と変わり、それが、内閣の事務方の能力の低さや、そもそもの人を見る目の無さの問題とされている向きがあるようです。 TVではガンガンに、これらの点について批判していたりするのですが、そもそも何かおかしくはないでしょうか。 
 
 

 さて、閣僚における不祥事の発生率の要素を考えてみましょう。
 僕が思うに、次のようなものではないでしょうか:

 不祥事発生率=
 ①事務方による「身体検査」の見過ごしやすさ
    ×
 ②閣僚候補内で不祥事を抱えている人の比率 
    ×
 ③その他の理由

 
 ということは、不祥事発生率が極端に高まるためには上のうちのどれかが、いきなり高まる必要があります。

 そして、その他を除いた二つの要素について僕が考えている仮説は、以下の通りです:

 ・官邸の事務方の事務処理能力は、常にある程度平均的なレベルが保たれているため、「身体検査」能力もある程度平均的な水準が保たれている

 ・政治家であれば、ある程度のスキャンダルの要素は多かれ少なかれ持っており、閣僚内での潜在的な不祥事発生率は、さほど変わることがない


 この二つが、いきなり大きく変わるとはあまり考えられません。 というのも、官邸周りの官僚の人事異動は、少しずつ入れ替わるようにして行われるはずですし、いきなり与党の政治家の構成が変わるわけでもないので。
 
 
 検証もしないでおいてなんですが、上の考えがある程度妥当性を持つのであれば、閣僚における不祥事の発生率というのは、ある程度一定率に保たれるはずです。
 

 しかし、現実にはそうなっていない。 

 その理由は、何なのでしょうか。 
 
 、、、なんて、その理由を僕が知る由もないのですが、こういった論理展開から、誰か、問題に焦点を当ててくれないかなあ。
 

 
Comment
≪この記事へのコメント≫
3 で…マスコミ・オンブズマン・政敵等による不祥事探索能力の向上、あるいはその意図の増加。

はどうでしょう。

韓国の野党大統領候補もなにやら不祥事疑惑で揺れているとか聞きますが…
2007/09/05(水) 00:48:51 | URL | 三浦介 #OGPSQbQg[ 編集]
 仰る通り、いろいろ考えられますよね。
 こういった規律を持った考え方を保ち続けたいと思います。
 
 
2007/09/06(木) 00:22:57 | URL | Taejun #-[ 編集]
上の人に同感。

安部君を下ろそうとしてるんじゃない。
2007/09/06(木) 13:21:30 | URL | 文哲 #-[ 編集]
初カキコ(?)です。
かなり古いスキャンダルとかもありますし、誰か握ったまま離さなかったヤツがいることは確かですよね。
僕は官僚が怪しいかな、と思ってます。天下り防止に反発して、握ってた情報を漏らしてるのでは?タイミングも丁度そんなカンジだったし。
2007/09/07(金) 00:21:07 | URL | 肉塊 #HfDgKgrw[ 編集]
まあ、あくまで推測でしかないんですが↓
(編集の仕方がわからん…)
2007/09/07(金) 00:25:56 | URL | 肉塊 #-[ 編集]
文哲、
まあ、そう思われるかもしれないけれど、そのあたりは、慎重に判断しましょう。 ロースクール生たるもの、論理展開が命だよ。


肉塊さん、初コメントありがとうございます。
まあ、確かに、知られざる情報を持ち続けている人がいることは事実かもしれませんが、それを推測してもどうしようもないので、なんとか論理だててものを考えていければと思っています。

2007/09/07(金) 00:36:45 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。