Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
経済・ファイナンスその他学問の知識を開発に乗っける勉強会。
 表題の勉強会を作ろうと思っています。

 経済、ファイナンスその他の知識を社会貢献、主に開発の問題に役立てるために、どのようなことができるか、というものを考えてみたいと思っています。 


 とりあえずは、この本の勉強から始めようと思います。

貧困の終焉―2025年までに世界を変える 貧困の終焉―2025年までに世界を変える
ジェフリー サックス (2006/04)
早川書房



 ジェフリーサックスは、TIMEの「世界でもっとも重要な100人の指導者」中の一人に入る経済学者です。 彼は、もともと国際金融論を専攻していたのですが、途上国に幾度と訪れるたびに考えが変わり、今は開発の問題に多く取り組んでいます。 現時点で、数多くの国の経済成長政策のアドバイザーも務めている、行動する経済学者。

 この本、僕は洋書の時から知っていたのですが、自分ひとりで勉強するよりも、多くの人で意見を交換し合いながら色々な事を考えられればと思い、勉強会を考えることとなりました。



 参加資格は以下の通りです:
 ・本は当然読むこと(中身の詰まった本ですが、特定の知識を持っていなくても、大学生程度の理解力があれば大丈夫だと思います)
 ・自分の意見を持つこと
 ・開発の問題への関心
 ・自分の学んでいる学問と開発の関係を模索している方

 勉強会では、Face to Faceのみならず、Webも多く使う予定です。

 10月の中旬からスタートしようと思いますので、興味のある人は、本を買って、あと気軽にご連絡ください。 taejun.shin[at]gmail.comに。
 
 
 個人的な、もう一つの動機としては、、
  
 

 最近、ファイナンス理論(数学)の冷たさと、自分の社会での貢献等に関する問題意識の熱さに、かなりのずれを感じてきてしまっているのです。 理想を、現実主義をもって貫くという目的は変わることはないのですが、その方法について、今のうちに自分で納得のいく形を作ることができないと、今後、自分が成長しないのではないのかな、と思いつつあります。

 たとえば、最近、人ノートをまとめていたりした後に、ファイナンス理論の本を読むと、言いようのないむなしさを覚えてしまうのです。
 そして、僕は、これはおかしいと思うのです。 
 ジェフリー・サックスのみならず、ポール・クルーグマンやジョセフ・スティグリッツは、この問題に対する自分の考えをちゃんと打ち出しているのでしょう。 だからこそ経済理論と現実の間をしっかりと行き来することができているのだと思います。

  
 勉強会を通じて、自分の道をちゃんと見つけられればと、思っています。
 
 
  
 
 
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。