Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
何が経済を不快にさせるのか。
 なぞなぞの答えについて考えています。
 
 たぶん、一般的な常識に答えがあると思うので、コメントくださるとうれしいです。 (本当に何でもいいのでよろしくお願いします。)

 その謎というのは、本当に簡単に言うと、こんなところです:

 「僕は毎年100万円ずつは消費したい。 それが変わるなんて、本当に嫌だ。 

 もし、僕がビジネスをするとして、そのビジネスの結果が、僕のしたい消費―100万円―を変えてしまう可能性があるのなら、そのビジネスの見返りはとっても大きくないと許せない。

 でも、実際のデータを見ると、みんなの消費は全体としてかなり緩やかにしか変わっていないのに、ビジネスの見返りは平均してかなり高い。 これはどうしてだろう?」
 
 

 これが、謎なのです(「リスク・プレミアム・パズル」と呼ばれています)。 もしかしたら、理論は、「人々(経済)にとって不快なこと」について、誤った認識を抱いているのかもしれません。 


 さてここで質問なのですが、皆さんの経済活動にとって、「これだけは許せない」ことは何でしょうか? 
 
 ・貯金残高が100万円を切ることが許せない
 ・一定の収入が得られないと許せない
 ・毎年10万円ずつ貯金できないと許せない
 
 などなど、どんな答えでも大歓迎です^^。

 
Comment
≪この記事へのコメント≫
インフレ等物価、貨幣価値変動によって「100万円」の価値が変わってしまうのが許せません。

そして、もはや日本の財政再建にはインフレ(とデノミ)しか手がないのではないかと思っています。素人なりにですが…
2007/09/30(日) 19:00:05 | URL | 三浦介 #OGPSQbQg[ 編集]
今自分が持っている100万円の価値が、
少しずつ目減りしているのに、
自分がそれに気付かないことが許せないです。

更に、目減りさせない対策をできないことが
許せないですね。
2007/09/30(日) 23:15:26 | URL | おまめさん #MjX5GGks[ 編集]
三浦介さん、ありがとうございます。
なるほど、富の実質価値の減少が、半ば不可抗力によって下落するのが許せないということですね。 ありがとうございます。

おまめさん、ありがとうございます。
目減りですね。 確かに、じわじわと自分の財産が削られていくのは嫌ですよね…


お二人にもしよろしければ教えていただきたいのですが、富の目減りが許せないのは、結果的に何に影響が行くからでしょうか?
 富の目減りにより、買えるものが減るからなのか、自分の財産が無くなっていくことそれ自体が許せないのか。 教えていただけると嬉しいです。

 
2007/10/02(火) 00:32:12 | URL | Taejun #-[ 編集]
経済活動にとって、「これだけは許せない」ことは・・・
自分への投資(稽古や資格等)ができないこと。
かなぁ~。どうでしょ?
2007/10/02(火) 22:22:16 | URL | きむ #-[ 編集]
なるほどう。
追加的な消費といった類のものですよね。

それを考慮すると効用関数の形が変化しそうです。
2007/10/03(水) 21:30:51 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。