Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
意地のコスト。
 経済学的な見地から言うと、朝鮮籍を持ち続けることについて、メリットはゼロに等しい。 デメリットはいっぱい。 だけど、いろいろな理由があって、少なくない人が朝鮮籍を維持している(ちなみに、皮肉なことに、朝鮮籍は法律上国籍ですらない)。 これを、色々あるかもしれないが、「意地のコスト」と呼ぼう。

 このコストがあるために、朝鮮籍の人々にとっての最適化行動は、しばしば、そうでない人々と異なることになる。


 たとえば、僕は、海外旅行に行きたくない。
 というのも、旅行によって得られる便益が、金銭的コスト&手続きにまつわる不愉快な思い(意地のコスト)を下回るからだ。
 煩雑な書類に必要事項を記入して、面接で犯罪者扱いされ、時には入管を越えられずとんぼ返りさせられるリスクをかかえ、、、そんなめんどくさい不愉快な思いをしないと外国(特にU.S.)に行けないのなら、僕は必要のない場合には別に行きたくなんかない。


 勘違いしてもらいたくはないのだけれど、僕は別に「だったら国籍を変えればいいのではないか」といった議論に進むつもりはない。 ただ単に、現状においては、僕が普通の生活をする時々の場面で意地のコストが発生し、それが、僕という人間の効用最大化のための行動を、他者と異ならしめうるという事実についての認識を述べているだけだ。 

  
 こんなわけのわからないインセンティヴが発生し、僕の行動に影響を与えているのは、なかなか面白いかもしれない。 まあ別に、誰だって、国籍のみならず、いろいろな場面で意地のコストを支払っているのだろうけれど。  
 
Comment
≪この記事へのコメント≫
意地のコスト、という考え方が面白かったです。朝日の国交が結ばれれば、ODA(戦後補償の一環として)の付き添いなどで、経済的メリットが発生するかも知れませんね。
2007/10/12(金) 08:30:08 | URL | 権兵衛 #-[ 編集]
プライド。U2の名曲ですね。私は大好きです。

前から、実は「在日」という方々に憧れは持っていました。以前「在日メーリングリスト」になぜか参加を許してもらえた時は(もう環境が変わってしまい参加していません)嬉しかったです。

小説「ハプスブルグの宝剣」の主人公エドゥアルトや、「ドラゴンランス戦記」の主人公タニス、少し違いますが「傭兵ピエール」のピエールみたいでカッコイイじゃないか、と思うのです。

逆にどこか気にさわられたらごめんなさい。m(._.)m
2007/10/12(金) 09:35:58 | URL | 三浦介 #OGPSQbQg[ 編集]
統一されて早く半島に帰れるといいですね。
2007/10/12(金) 15:46:45 | URL | 権兵衛 #-[ 編集]
レス遅れてすみません。

権兵衛1さん、
はい、確かにおっしゃるとおり、将来的には便益がコストを上回る、という状況が生じてくるのかもしれませんね。

三浦介さん、いえ、気を悪くするだなんて。
むしろ、こういった状況におかれてきたからこそ磨かれた感性が多くもあるので、感謝するときもたまにはあるのですよ^^。

権兵衛2さん、
はい、できればそうしてみたいのですが、困ったことに、本国にいくと、半日本人扱いを受けます。^^;
2007/10/13(土) 17:49:17 | URL | Taejun #-[ 編集]
60万人の在日同胞の皆さんが一斉に帰れるんですから大丈夫ですよ。きっと。
2007/10/15(月) 16:45:06 | URL | 権兵衛2 #-[ 編集]
第一に、帰ったら、の話ですし、
第二に、帰っても、の話になりそうですね・・・(3000万人対60万人)

でも、権兵衛2さんのように、前向きに考えるべきですよね。 
2007/10/16(火) 01:03:08 | URL | Taejun #-[ 編集]
> 第一に、帰ったら、の話ですし、

むしろ「帰らねばならない」のではないですか?
現在はまだ朝鮮半島は戦争状態(正しくは停戦でしたか)ですが、
いざ「統一」となればそのまま日本に居続ける理由はなくなり、
所謂普通の(アメリカとかインドとかスペインとか…)「外国人」と
なるわけですから今よりももっと日本に居づらくなると思いますよ。
2007/10/17(水) 15:17:41 | URL | 権兵衛2 #-[ 編集]
 ごめんなさい、、、ちょっとおっしゃる意味の論理構造がわかりません。 もう少し、ご説明いただけますか?
2007/10/19(金) 00:36:35 | URL | Taejun #-[ 編集]
義を見てなさざるは勇なきなり
正直、叩かれることを恐れていました。
しかし、「外国人には食事をさせない」食堂の前で立ち尽くす夢を見て、目が覚めました。

今から定住外国人参政権反対派のサイトに正面からコメントを寄せることにします。(^^ゞ
2007/10/20(土) 09:27:24 | URL | 三浦介 #OGPSQbQg[ 編集]
 半島が統一されると、Taejunさんのおっしゃる「意地のコスト」は格段に跳ね上がるのではないかと思います。(以下は理由です)

 現在の状況は、戦争状態にある韓半島の状況を見た上での経過措置なのではありませんでしたか?
 個々人が自分で獲得する「永住権取得」はともあれ、現在の在日韓国人/在日朝鮮人に付与されている「世襲」という形の既得権化した永住権(=特別永住資格)は付与されなくなるかもしれません。

 永住権というのは、あくまでも「他の国籍を持つ人」が「許諾を得て」日本に永住する権利を得ているわけです。
 ですから統一後は、例えばTaejunさんのお子さんが日本への永住を希望されるのであれば、お子さん自らが永住権の所得申請を行うことになると思います。

 これが上のコメントで書いた

> 所謂普通の(アメリカとかインドとかスペインとか…)「外国人」と
> なるわけですから今よりももっと日本に居づらくなると思いますよ。

という意味で、特に他意はありません。
2007/10/22(月) 15:46:42 | URL | 権兵衛2 #-[ 編集]
 三浦介さん、
 意見の違いというのはつきつめてみると、2,3の認識の相違から来ることが多いように感じています。 コメントをされる際にも、(難しいでしょうけれど)、対話の精神で臨んでくださいね^^。
 


 権兵衛2さん、コメントありがとうございます。

 なるほど、それでおっしゃる意味がわかりました。
 そのような事になる可能性は確かに否めませんね。
 どうしても人間、自分の立場からものを語りたがり、色々なことを見落としがちなので、このような気付きを与えてくれるコメントには感謝です。
 
 これからもどうぞよろしくお願いします。
 
2007/10/23(火) 00:12:30 | URL | Taejun #-[ 編集]
ごめんなさい。m(._.)m
2007/10/23(火) 00:28:03 | URL | 三浦介 #OGPSQbQg[ 編集]
お久しぶりです。
意地を張るのはいいのですが、意地を張る理由を
周囲に説明しないと「認識の相違」以前の問題に
なると思います。

30年ほど前までは
北朝鮮籍の人、特に総連サイドでは、法理はさておき
「在日朝鮮人は朝鮮に帰るべきであるが、祖国は統一されていない。この日本で祖国の統一に向けてやるべきことがある。統一されれば、帰国するべき。」という理屈であったといわれています。日本の年金加入に否定的なのも、地方参政権に否定的なのもごもっともです。だって仮住まいのつもりでしたから。その後「植民地支配の結果やむにやまれず日本に移住したから国籍にかかわらずあらゆる権利をを保障しろ」という理屈に切り替えたわけですが、これはそもそも大多数の経済移民しかも二世以降の世代については無理無理な論ですね。

意地を張るコスト(といっても刑事犯ですら半島に強制送還されないなんて日本以外にはありえないわけで、外国籍としては極小コストに思われますが)は当然、意地を張られる側にも生じるわけです。 
朝鮮籍の人々が意地を張って朝鮮籍で日本にいることは、直接的にも日本国に負担をかけていますし
間接的には
『「国家レベルで誘拐を行ったうえでうやむやにする「準敵性国家」への所属を「あえて」表明している人が隣近所に住んでいる』(韓国籍へ移行するのは簡単なはずですから)という心理的な負担が日本の国民側に生じています。端的に言えば「お隣の犯罪予備軍」ですね。

コストが個人にとどまるのなら「意地」でもいいのですが、こと朝鮮籍については「個人の意地」つまり「個人の自由意思」で日本側にコスト負担をさせているという観点が必要ではないでしょうか。最低限、意地の内容については滞在先に説明責任ぐらいはあるのではないかと。

あと、枝葉末節の訂正です。
特別永住の方は、ここのところ毎年1万人減少しているので
南北あわせて現在44万人です。
http://www.moj.go.jp/PRESS/070516-1.pdf
一方、統一されて帰る場合の 統一朝鮮の人口は
北朝鮮が詳細不明ではありますが
4900万人+2300万人 程度というところでしょうか。
2007/10/24(水) 18:06:22 | URL | ぷー #JalddpaA[ 編集]
三浦介さん、いえいえ、お気になさらずに。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


ぷーさん、ご無沙汰しています。 前のコメントにまだレスつけられずにごめんなさい。

少なくとも、おっしゃられたようなロジックで僕はこの国にとどまっているわけではないと思います。 

 それと、そもそも、朝鮮籍というのは、ご存じの通り法律上の国籍じゃないんです。 戦後在日コリアンに一括して付与された記号にすぎなくて、その後韓国籍と日本籍を選んだ人以外が、朝鮮籍保有者となります。 なので、韓国籍の人ならいざ知らず、朝鮮籍の人が犯罪を犯したからといって、法的に送るべき正当な国はないというのが僕の理解です。
 

 それと、仰ることの意味がよくわからないのが、意地を張られる側のコストです。 他の話に移し替えると、それはこういうことなのでしょうか:

 ・ある部族がいて、その部族には人さらいの悪習がある。
 ・Aさんは、その部族に非公式的にだが属するとみなされている。 そのため、Aさんは時に、相当な不利益を被ることになる。 
 ・だけどAさんは、自分がその部族に(ぱっと見)帰属しているという理由のみによって被っている不利益のために、部族を脱するというのはフェアじゃないと思っている。 だから、多少不利益に甘んじつつも、現状を変えるつもりはない。
 ・その不利益を蒙らせている人々は、Aさんが自分の所属を変えない事により、ある程度の脅威を覚えるので、それは自分たちにとってもコストなのだと主張する。

 ということでいいのでしょうか?
 僕としては、不利益を被らせるまでならまだしも、それによって、人々が自分の所属を変えたりしない事に「これは私たちにとってコストだ。」と主張することは、フェアでないと思うのですが。


 
 訂正はありがとうございました。 
 
2007/10/24(水) 23:28:27 | URL | Taejun #-[ 編集]
>少なくとも、おっしゃられたようなロジックで僕はこの国にとどまっているわけではないと思います。 

の後に続く、あなたなりのロジックの説明がないから
こうやって書いているわけです。

>朝鮮籍の人が犯罪を犯したからといって、
法的に送るべき正当な国はないというのが僕の理解です。

法的には無国籍の人ですから 強制送還ではなく
国外追放ですね。 あまり違いはないと思いますが。
現行法律上は 死文化しているとはいえ
在日の人は懲役七年以上で追放可能ではありますので
日本政府側の運用の姿勢の問題でもあります。

さて、韓国籍の取得がほぼノーコストでできるにも
かかわらず朝鮮籍を維持する人々がいるわけです。
(法的には無国籍ですが
国交正常化後に北朝鮮籍に自動的に移行する可能性が高く
北朝鮮政府に各種援助を行い続けた人が多数所属する
一群の人々ですね)
特に国籍について知識がそれなりにあって、韓国籍に移行しない人の場合は積極的な選択ですよね。
投資しないリスクを知りつつ貯金を投資にまわさないという消極性も立派な「選択」であることと同じようなものです。

さて、この状況で「自分の所属を変えない」人について
周囲の最もシンプルな推測は
「北朝鮮の政策、思想に同意しているからこのような選択を行うのであろう」ですね。
つまり朝鮮総連と考えを同じくするものであると。
この場合「過去の拉致への関与も認めず、将来的に拉致に
積極的に関与する可能性の高く、『宣戦布告をちらつかせる準敵性国である北朝鮮』に戦争時には付き従うと考えられている集団」の一人が隣人として暮らすわけです。

これが周囲に対して多大な不安というコストを与えているのは自明であると思いますが。積極的に朝鮮籍を選択するなら、いかなる考えを持ちそのような選択をしたのかを表明しないかぎりこの周囲へ与える不安は減少しないわけです。

繰り返しますが、blog主のように知識があり、韓国籍取得のコストがないにもかかわらず「北朝鮮籍に限りなく近い無国籍状態」をあえて「意地で」維持するのは、「現状の身分を変更したくない」という積極的な意思表明ですよね?この点について、先に確認したいと思います。
2007/10/26(金) 18:48:36 | URL | ぷー #JalddpaA[ 編集]
 コメントありがとうございます。
 まず、積極的なという言葉の意味がよくわからないので、それについては答えずに、事情について書こうかと思います。

 普通の人間は、(広い意味での)コストがなければ易きに流れるものだと思います。 ですが、上で述べたような事情から、国籍を変更しない人がいまだにある程度残っているのだと思われます。


 私の個人及び自分の周辺の基本的な事情を話すと、

 ・「北朝鮮の政策、思想に同意している」人は、朝鮮籍保有者のうち、多くて10%くらいではないでしょうか。 朝鮮学校にて学んだ人間の僕が言うのだから、まあ、ある程度までは信じていただければと思います。

 ・しかし、変えられない事情はいろいろとあります。 例えば:
 -家族や親戚が住んでいるため変えることは不可能(それと、仕送りのほとんどのインセンティヴはここにあるかと思います)
 -家族やその他親しい人々の中に上で述べたような支持者がいる場合、他国籍への移行には、多大なコストが伴われます。 
 
 ・最後に、生まれた時についていた国籍を、ただ、不利益だから、という理由で放棄するのはどうかと思う人もいるのかもしれません。 計算などとは離れたところで、生まれた家族は家族として否定できないように、自分が生まれた時に付与された出自というのは、理由はどうあれ否定することに伴う心理的負担は大きいのではないでしょうか。
 

 こんなところです。 
 「積極的」の定義にもよるのですが、積極的な意思表明とは言えないのではないか、と思います。

  
 
2007/10/27(土) 00:06:45 | URL | Taejun #-[ 編集]
>「北朝鮮の政策、思想に同意している」人は、
朝鮮籍保有者のうち、多くて
10%くらいではないでしょうか。 

お話のとおり数%として
朝鮮学校卒業生はテロ行為の潜在的
ハイリスク集団であるということです。
(北朝鮮政府管理でやれば戦争行為ですが)

その上で外部から推測可能なコスト関数と
まったく異なる行動に対して
周囲が「北朝鮮の政策、思想に同意しているから」
と内部コスト関数を推定することは、合理的ではないかと。
また、北朝鮮の政策、思想に同意していなくても

>家族やその他親しい人々の中に上で述べたような支持者がいる
>家族や親戚が(北朝鮮に)住んでいる

という理由で北朝鮮の拉致行為に手を貸し続けた
在日朝鮮人のケースが複数報告されているわけです。

というわけで、答えていただいた理由は
周囲の日本人に脅威を与えない担保にはなっていない

というのが私的な評価です。
比喩で前にお答えいただいたので、比喩で返しますと

「アルカイーダ・アメリカ支部に
ながらく所属していますが
アメリカのアルカイーダの9割は善良な人です。
アルカイーダ本部に親戚もいますし
親兄弟も代々アルカイーダに所属していますから
アルカイーダ所属を変更できません。
でも積極的にアルカイーダ本部を支持する意思表明を
しているわけではないので、米国内で飛行機に乗るときに
ハイリスク人物扱いはやめてください。
僕が飛行機に乗ってもアメリカ人の皆さん
気にしないでくださいね。」

あきらかに、周囲に心理的コスト負担を
強いていると思いますが。
別に国籍を変えろとはいいませんが
(冒頭でblog主が宣言していますしね)
「変えないという意地」が日本国民側に負担を与える
ということには同意していただけますか?
2007/10/27(土) 11:33:18 | URL | ぷー #JalddpaA[ 編集]
遅いレス
遅いレスですが、興味深く読ませていただきました。

「アルカイーダ・アメリカ支部」の例えは、日本人である自分の感覚と非常に近いです。
このご時世に在日の朝鮮系の学校では、いまだ金正日の写真を教室に飾って思想教育をしています。
記事が2007年の話なので、時間が飛びますが昨日(2009年4月)テポドンが日本を飛び越えていきました。
ミサイル発射命令を出した金正日をあがめる教育を行って育てられた在日韓国朝鮮人の人たちが、
いざ戦争状態になったとき、日本人の敵として脅威になることを日本人は危惧しています。

日本人としては「日本人になりたくないのなら帰って欲しい」というのが正直な感覚です。
しかし、北朝鮮なんて住めないでしょ。韓国では在日朝鮮人は差別されるという話を聞きます。
たぶんどちらの国も在日の人にとっては、日本よりも居心地が悪いですね。言葉もできないでしょうし。

ただ、在日朝鮮人の問題は個々人がどうにかできる話ではない、というのも事実でしょう。
帰れ!といわれて、あぁ帰ってやる!といえるような状況にもないので・・・
もし日本に居続けたいのであれば、日本人のみが持つ権利(選挙権など)を得ようとでしゃばらず
静かに平穏に「日本にいさせてください」というような「低姿勢」でいてくれないと支持なんてできません。

同胞がパチンコのお金を不法に北朝鮮に送金しそのお金でミサイルを開発していたり、
同胞に都合の悪いことをメディアに報道させないように圧力をかけることは、「低姿勢」とは程遠いです。
高慢を態度をとっていたら、それこそ一緒くたに永住権を剥奪される事態になりかねません。

日本人は見ていないようで見ていますよ。
2009/04/06(月) 23:55:35 | URL | 矢来なお #-[ 編集]
矢来なおさん

コメント有難うございました。
その懸念はもっともだと思います。僕が日本人だったら同じことを感じると思います。 でしゃばる、という表現はよく意味がわかりませんが、高慢な態度はとらず正しく生活するべきなのだと思います。選挙権も別に必要とは思えませんし。

ロジックが多少飛躍しているかもしれませんが:仮に、ですが、矢来なおさんがたまたま極道の家に生まれて、それが故に移動や就職を制限されるとしたら、どう考えますか? 僕でしたら、それも自分の所与の条件だからしょうがないと思って、それでも出来る限りのことをします。ただし一方で、そういう自己の出自や所属のみによっては不利益を被らない、というのが人権の考えることであって、いつかそうなればいいな、と心の底では思うことでしょう。



2009/04/07(火) 08:10:34 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。