Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Segment, Morten Schantz。
 コツコツといいアルバムを探しているのですが、久しぶりにツボにはまったアルバムがありました。 

セグメント セグメント
モルテン・シャンツ・セグメント (2005/10/05)
Rambling Records



 リズミカルできれいでお洒落な音楽です。 うねるベースと、オフビートがうまく聞いているドラムの上に、ギター・キーボードと金管が絶妙な具合に乗っていて、それらにボーカルがきれいにマッチしています。 スリリングなやり取りや遊び心もいっぱい含まれていて、それもまた楽しい。 モルテン・シャンツは、マイルス、ウェザー・リポート、チック・コリア、デヴィッド・サンボーン、ハービー・ハンコックらに傾倒しているそうなので、これらのアーティストが好きな人なら、結構気に入ってもらえるのじゃないかな、と思います。 70年代のファンク・ジャズがうまい具合に現代化しているというか。

 興味のある方はぜひ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。