Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
年末年始に読んだ本リスト。
 669909703_53.jpg

 年末年始(30日から3日まで)は親戚参り&論文執筆に使われていたのですが、その傍らに読んだ&ノートをとった本のリストと雑感。

669909703_185.jpg



茂木健一郎の、
・「ひらめき脳」
・「すべては脳からはじまる」
・「脳整理法」

瀬古なんとか、という方の、
・「白洲次郎的」

養老孟司の
・「養老孟司の逆さめがね」
・「無思想の発見」

羽生善治の
・「決断力」

セネカの
・「人生の短さについて」

 


茂木健一郎の、
・「ひらめき脳」
・「すべては脳からはじまる」
・「脳整理法」
 
 脳の仕組みから始まり、人が生きる意味について、いろいろと考えさせてくれました。 特に偶有性(contingency)という概念は興味深かったです。 世界の多くが科学的知識によって征服されたとしても、最後まで世の中には不確実なことが残り、だからこそ人が「私」として生き続ける意味はあるのだと思いました。
 不確実性においてこそ人間の真価があらわれるのかもしれません。 人は行為を通じて不確実性の程度を変える事が出来ます。 また、精神のあり方によって不確実性の結果を解釈し直す事も出来るし、そこから新しい創造も出来る。 


 ですが、二つ目の本、「すべては~」は、本としてどうかと思います。 雑誌で書いていることを切り貼りしたものなので、本として載せるのなら、もう少し統一性がほしいと感じました。 エッセイ集的なものとしてはとてもよかったのですが。   



瀬古なんとか、という人の
・「白洲次郎的」

 白洲次郎的なことをいろいろと書いています。 
 一つ一つ書いている事には色々と学びがあるのですが、(たとえば、Principleを大切にすることや、自分の眼下の人を特に大切にすることなど)、書き口がちょっと。。 残念です。
 白洲次郎の本は、もう少し色々と読んでみようと思います。



養老孟司の
・「養老孟司の逆さめがね」
・「無思想の発見」

 相変わらずの独特の切り口で事象を切っています。

 逆さめがねでは:
 日本の教育における根本的な問題は、子供に対する大人たちの理解の誤りにあると喝破します。 すなわち、本来自然である子供を、まるで人工の何かのように、大人のための道具のように勘違いしている点に問題があると、著者は説きます。

 無思想の発見では:
 日本はそもそも個人主義でなく家主義の社会であり、それを基盤としていた日本社会においては思想がさほど重要でなかった、それなのに、現代において無理やり西洋のシステムを取り入れたことによりひずみが生じていると主張しています。


 日々生活に慣れきっていると、いつの間にか人と同じ考え方しかできないようになってしまいますが、そのことには気をつけようと思います。

 


羽生善治の
・「決断力」

 ご存じ勝負師の本。 学者先生の本と比べると、論理的というよりは感性的な本にはなるのですが、考え一つ一つがとても筋が通っていて、学びが多いです。

 著者は、決断力が将棋においてもっとも重要なことだと語ります。 人間の直感は7割がた正しいため、それを信じて決断をすることが大切なのですね。 そして、直感力は感性の産物なので、それを鍛えるために彼は色々なものに意欲的に触れているそうです。

 将棋のみならず、いろいろな分野において活かせる貴重な考え方だと思いました。

 

セネカの
・「人生の短さについて」
 
 頭をブロックでガツンと殴られたような衝撃を受けた本です。

 「しかし、われわれは短い時間を持っているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。 人生は十分に長く、その全体が有効に費やされるならば、最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている。」

 年の初めに読めてよかったです。 人生をもっと大切にしようと、すなわち自分の時間をもっと大切にして、もっといろんな事をしようと思います。

 
Comment
≪この記事へのコメント≫
久々に閲覧、コメント。
この前は思いもよらない時間に思いもよらない場所で
本当びっくりしたね。(と言うかびっくりさせた?)

相変わらず読書家だねー。
セネカの本、読んでみようかな。
ところで手順は「禅」の本は読んだことある?

最後に。おびただしい数の本がある上の写真は、どこの?
2008/02/02(土) 20:40:40 | URL | にょ #-[ 編集]
やあ、お久しぶり。
前はびっくりだったよー。

禅の本、読んだことない… 何かお勧めのものがあったら、教えて!

写真は、高田馬場の古本屋さん。
2008/02/03(日) 14:18:31 | URL | Taejun #-[ 編集]
禅のお勧め本は・・・ってあまり読んでないけど
『弓と禅』は名著だって。経営者は必ず読む本らしい。
今読んでるんだけどね。

禅の精神はなんだか手順に通じるような気がしたので。
女の直感・・・。じゃね。
2008/02/06(水) 22:27:57 | URL | にょ #-[ 編集]
さっそく注文しました^^。
論文終わったらすぐに読むね。 ありがとー。
2008/02/06(水) 23:00:41 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。