Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
SVP (ソーシャルベンチャー・パートナーズ)の方にお会いしてきました。
 論文は、やっと、自分のアイディアが、誰にもされていないようで、やっと書き進めることができます。 マートンとサミュエルソンの手のひらの上で踊っているようで、本当にいやな感じだったのですが、やっと抜け出せた・・・

 4時ごろまでは、論文&試験準備をして、5時から、SVP(ソーシャルベンチャー・パートナーズ)というNPOの方にお話をお伺いしていました。 色々と勉強になり、すごく、助かりました。

 その内容を、メモ代わりに書いておきます。

 
 
1.SVPについて

1)概要

 ・シアトルで97年開始。 日本では2005年から投資開始し、伊藤さんも2005年半ばから参画。 アメリカでは、早期リタイアした富裕層がパートナーの大部分を占めるのに対し、日本では、在職中の若い世代が活動をしている傾向。

・日本において、パートナーは47人。 皆が、参画に際して10万円を拠出。 これは、活動資金であると同時に、投資対象の人々への信頼を得るためのもの。(「10万円出してやっているのだから、この人たちはある程度本気なのだろう」と、人々に思わせるためのもの)。 
 
 これって、エージェンシー問題の議論そのものですよね。 起業する人は、自分のエクイティを当然ながら突っ込まないといけない。 そうしないと、周りは信頼しない。 


・自分の持っているスキルを社会のために活かせることに対する喜びがモチベーションとなっている。




2)事業内容

・事業内容は、投資とコンサルティングサービス。 現在のところ、InvestmentではなくDonation(すなわち無償の資金援助)となっている。 将来Donationから投資になると、貸金業法に引っ掛かることになる可能性あり。

・営利団体化するかどうかの問題について、ディスカッションは何回か持っている。 しかし、結論はネガティヴ。 その主な理由は:
 ① 専従スタッフがいない状況で企業組織としての投資家に対する社会的責任を果たせるかわからない
 ② 営利団体化してサイズが大きくなるとする。 そのとき、SVPのような趣旨の団体に投資を要請する団体の規模は多くないかもしれない(日本では、いいところは、コマーシャルベースでの融資がつくかもしれない)。 これでは、せっかく営利目的でファンドレイズをしても、その投資先に困ってしまう。
 

 僕たちはまだ営利団体を目指すかどうかの話はしていないのですが、完全非営利だとその先があまり見通すことが出来ないので、経済の論理をちゃんと成立させようと考えています。 その方法は、、、考え中。 



2.マイクロファイナンスについてのアドバイス

(1)インフラの問題

 ・MFを行うのなら、とにかく、現地のいいパートナーが必要。 KIVAの現地パートナーはとても水準が高い。


 では、どうやってパートナーを探す?

 1)特定の団体の代表に会う。 例えば:

カモノハシ・プロジェクト
 http://www.kamonohashi-project.net/index.php

 カンボジアで現地の孤児院と共同で取り組み。



2)2月3日にあるワークショップに参加

 2月3日に、NPO金融のワークショップが広尾であるらしいです。午前10時から。 これに参加すれば、規制に関する情報などを入手できると同時に、同じような考えを持っている人々に会える。 ネットワーク作りに格好の機会。





(2)技術的な問題

 ・規制の問題
 2月3日のワークショップに参加すれば、道の拓き方が見える可能性あり。 (ちなみに、KIVAでは、個人の融資そのものは貸金業とはみなされていない(利子をとらないから)。 残りの運営費用は、企業からの援助で賄われている。)



 ・審査システム
 Face-to-Faceでインタビューなどを行うのはコストが非常に高くつく。 だから、もっと簡単で効果的な審査システムを作る必要がある。

 →このあたりは、学校と僕たちのメンバーに多くのリソースがあるので、それを活用できればいいと思います。 


 
 現地のパートナー探しが、やっぱり一番大切なのですよね。
 どうすれば、一緒に仕事をする仲間を探すことができるか、考えています。 何か、よさそうなアイディアがあったら、教えてくださると嬉しいです。

 
 
Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして!
経営学部出身でTaejunさんの一個下の金良高と言います。
明男先輩の後輩です^^
テインからTaejunさんのブログ紹介してもらったので、楽しく読ませてもらってます!

よろしくおねがいします!!
2008/02/02(土) 08:51:24 | URL | 金良高 #-[ 編集]
りゃんご、はじめまして。
そんじゅから昔お話を聞いたことがあります。
これからもよろしく!
2008/02/03(日) 14:16:07 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。