Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
3月のニュースまとめ。
 読んでいるだけでは忘れてしまうので、月ごと、年ごとにニュースのまとめを書き連ねておきたいと思います。 (めんどくさいのでリンクは貼っていません、基本的に日経、ロイター、WSJ、Economist、NYTがソースです)。

 
 
 
 マクロ金融


 非常に厳しいです。
 3月の下げはすさまじかったですね。
 原油高と円高、さらに政治不安が日本株下落の大きなファクターだったようです。 10月―12月の実質GDPは、3.5%成長に下方修正されています。前にも少し書いたように、金融機関の貸し渋りは一気に加速し、レイコフなど、中堅企業の倒産の増加が予想されています。日経の街角景況感調査でも、悲観がかなり強まっているようです。法人予測調査においても、大企業の1-3月の景況感はマイナス9.3ポイントとなっています。

 アメリカの10-12月GDPも前期に比べ0.6%と、一気に失速を見せています。3月上旬にはHSBCやAIGがそれぞれ1.8兆円、1.5兆円の損失を出し、米財務省の推計によると、現時点で世界のサブプライム関連損失は20兆円にも上るそうです。ただ、3月の下旬にゴールドマンのアナリスト達が出した試算によると、世界の損失は120兆円、アメリカだけでも46兆円に上るとみられており、引き続き厳しい状況が続くのかもしれません。また、信用保証を行っていた会社らにたいする格付けが一気に下がっており、このことは市場心理にさらに悪影響を与えるのかもしれません。

 欧米でも金融機関の貸し渋りが加速しており、投資ファンドやM&Aを進めていた企業らが、資金調達をできずとん挫するという事が頻繁に起こっているようです。シティやモルガン・スタンレーらは、このことにより訴訟をされているようです。
 
 この状況を受けて、FRBは今まで一度も行ったことが無い、証券会社の直接救済に乗り出しています。その融資残高はものすごい勢いで増加中で、3月末までの1週間で2.4倍にもなっています。大統領選でも、このサブプライムの問題が大きな議題になっており、オバマ氏は、サブプライム対策として3兆円を投入する用意があると話しています。



ミクロ金融・M&A

 一番の話題は、アメリカ5大証券の一つであったベア・スターンズのJPモルガンによる買収でしょう。この期間の厳しさを如実に見せてくれていると思います。最初の1株2ドルはあまりにも厳しかったようで、その後多少値上げして10ドルですが、引き続き多くのことがくすぶっているようです。


 投資ファンドは引き続き元気です。 この期間にあったものは以下の通り:
 ・サーベラスによるあおぞら銀行へのTOB
 ・スティールがハイレックスに自社株買い要求
 ・モルガン・スタンレーらによるグッドウィルの買収
 ・TCIによるJパワーへの経営効率化提言(ってずっとやっていますが)

  
 あと、インドの財閥であるタタグループも元気ですね。タタ自動車はフォードからジャガーとローバーを買収しましたが、すでにこのグループのM&A投資累計額は2兆円にもなろうとしているようそうです。


 ほか、気になったニュースといえば、

 ・武富士が仕組み債により300億円の損失
 ・個人対個人のネット上での貸し借りを仲介するZopaが日本でもサービス開始
 ・新銀行東京への追加出資400億円が決定(これは前に書いたのであまりいっぱい書きません)
 ・リーマン、医療系の企業に誤って投資し、360億円が回収不能に
   
 
 あたりでしょうか。



政治・国際

 日本の状況は、にっちもさっちもいかない状況ですね。

 日銀総裁・・・なかなか決まりませんでした。 
 それとガソリン税率も消えることとなりましたが、これに関しても引き続き論争が続くようです。

 まあ、僕が言う立場にはないのですが、茹でガエルっぽいですね。


 それ以外では、マレーシアの選挙、アルメニアの選挙、ジンバブエの選挙などがありましたが、(ジンバブエはどうなったのでしょう、だれかご存じの方教えてください)、全般的に保守政党が好調のようです。 動乱期には人々は強さを望むからでしょうか。

   
 チベットの暴動とそれに対する中国政府の鎮圧については、情報があまりないのでいまいちよくわからないのですが、歴史的に中国政府がとってきた抑圧政策に対する抗議の声は当然ながら少なくないのだと思います。 ダライ・ラマはチベットを離れた今もチベットの精神的支柱として、彼にしかできない活動を行っているわけですが、Economist誌で指摘されているように、彼が無くなった後は、チベット問題に対する国際的な関心が一気に薄まる危険性があるのかもしれません。
 

 イラク戦争は開始から5年が経ち、今も泥沼の状況で、3月には米兵の死者も4000人を超えています。 
  

   

 書いてみて気づいたのですが、そもそも論として読んでいる情報カテゴリーが偏っていますね。。
 興味のあるものにだけ自然と目が行ってしまう事が良くわかりました。 このまとめを書いているおかげで気付きました。 

 書いてみて、自分の学びも非常に多いので、今後とも毎月しっかりと書いて行こうと思います。

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。