Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アカウンティング。
 外資系の証券会社の人事部長さんのアドバイスに従い、会計の勉強を始めた。
 
 この分野の知識は、ほとんど無いので、本当に初歩の初歩からのスタートである。
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0070375933/qid=1117021044/sr=8-1/ref=pd_ka_0/249-7161002-6188367 本も購入。

 現在3日目、一日で1章のペースで進めている。

 しながら、すでに、かなり、感動。
 企業の経営活動について、合理的に記録する、帳簿の美しさに感嘆している。

 レオナルドダヴィンチ曰く、複式簿記というものは、人類の生んだ偉大な発明だったのだと言う。 その言葉の意味を、理解する。 

 あれだけ複雑な活動をしている企業の経営を、網羅する枠組み。 また、それを読みながら、人が、その企業について分析をすることも出来る枠組み。 うーん、何でもっと早く勉強しておかなかったのだろう。 

 ただ、計算が、だるい。 電卓が手元に無いので、暗算なのだが、時間がかかるかかる。 大変である。
 早いところ、電卓を買わねば。
 
 また、新たな、知の枠組みとの遭遇である。 明日も楽しみである。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。