Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マインドマップ。
 土日もお仕事で、気分は毎日バケーション。 
 マインドマップを創始した人の本を読みました。

 
ザ・マインドマップザ・マインドマップ
(2005/11/03)
トニー・ブザン、バリー・ブザン 他

商品詳細を見る
 (ブログに備え付きのこのAmazonリンク機能、僕には一切お金が入ってこないんですよね… でも、アフィリエイト貼り付けは手間なのであまりやっていません。)


 著者の方も書いているように、脳のメカニズムをある程度理解した上で、各人が、自分に合ったノートをとればいいのだと思います。マインドマップは、確かに非常に有効なやり方だと思います。ノートの作り方に関して、参考になる部分がいっぱいあったので、早速取り入れることにしようと思います。成長のためには、良いと思った他人の考えを素直に取り入れるのが一番ですね。
 
 (本に、「天才たちのノート」があるのですが、別に普通の絵つきのノートとあまり変わらない気がするのは、僕だけでしょうか。。)
 

 発散・連想型の思考、すなわち、関連性の下での全体理解や、いくつかの異なったコンセプトを組み合わせての創造に関しては、マインドマップは非常に有用ですが(たとえば、入門的な理解)、数学的な証明のような一方向的な思考に関しては、やはり、上からガシガシ書き進めるのがよいのだと思います。たとえば、証明というのは時に力作業なので、マインドマップだけに頼っていると、なかなか書ききれない状況に陥ってしまうのかもしれません。

 mindmap.jpg


 ちなみに僕は、全体理解をすればよいと思っている本についてはマインドマップをメインに読書ノートで使っていて、数学的な証明が多い本や論文については、論理一本道を示す直線的なノートと全体像をつかむべきマインドマップで分けてとっています。 
 
 何かを始めてのめりこむと、まるでそれが常に良い方法のように思えてきますが、多くの場合、万能薬はないのですよね。何事も、使い分け方がポイントなのだと思います。

Comment
≪この記事へのコメント≫
僕も1年前ぐらいからマインドマップ使ってます。
確かに整理しやすく全体像がつかみやすいんで、愛用してます。
最近はフリーソフトの「フリーマインド」使ってるんですけど、手書きより便利です^^
ソンベはフォトリーディングはやってみました?
2008/04/07(月) 13:15:40 | URL | りゃんご #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。