Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ライフネット生命保険開業。
頂いたお葉書で知ったのですが、ライフネット生命保険が、ついに開業しました。

R0013073.jpg


日本の生命保険料が明らかに高いことは、ある程度保険について勉強をしている人には周知のことで、その一つの理由は、業界が規制によって守られてきたことにあります。 ウェブベースでサービスを提供することにより、ライフネット生命保険は、大手生保に比べ、ほぼ半額の価格で保険を販売することを可能としています。

生命保険にまだ入っていないのですが、入るとしたら、ライフネットにしようかな、と考えています。 皆さんもぜひ。

大手生保に勤める知人数人から聞いているところによると、さすが株式会社でないからか、未だに摩訶不思議な慣行がまかり通っている生保も多いのだとか(といっても、多少バイアスがかかっている可能性がありますが)。 巨大な生保業界(20兆円)におけるこれまでの業務の非効率性が、ライフネットらウェブベースの生保会社の躍進に従う競争の促進によって、改善されていくのかもしれません。


ああ、世の中の仕組みを変える可能性を持つ事業をつくるのは、もちろん大変なのでしょうけれど、楽しそうですねえ。 僕もそのうち。 でも、今は修行なのです。


Comment
≪この記事へのコメント≫
ライフネット、僕もサイトを見てみました。
基本的に掛捨て型の保険料を抑えた商品ですね。
シンプルに死亡保障と医療保障のみに特化させています。

医療保障は外資系などと比較してもネット直販だからといってそこまで割安感はないように思えます。
また払い込み期間が「一生涯」しか選択できないのもデメリットかと。

死亡保障は掛捨て型のものとしては他社さんより相当安いようです。
貯蓄性のある死亡保障とうまく組み合わせると有効かも知れません。
2008/05/23(金) 09:47:51 | URL | がんち #-[ 編集]
おひさしぶり。 コメントありがとう。参考になります。

・・・保険料率算定モデルはわかるが、、、保険そのものがわからない困った人間です^^;
2008/05/24(土) 00:30:10 | URL | Taejun #-[ 編集]
はじめまして^^
ホテル・ルワンダをDVDで今日観ました
いろいろ考えさせられた作品だったのでそのことについて書いてるブログはないかな?と検索したところテジュンさんのとこにヒットしました^^

「告発」も前に見ました
良かったです^^
あの作品もいろいろと考えさせられました

テジュンさんのブログ、リンクしてもよいですか?
すごく勉強になることが多くて全部読んでみたいです

ちなみに私は日本の生保会社に勤めていま~す(笑

どうぞよろしくおねがいします
2008/06/01(日) 20:44:55 | URL | あやも #-[ 編集]
はじめまして。
日本の生保に勤めている知り合いは結構いらっしゃるので、この記事はちょっとびくびくしていました。。

ホテル・ルワンダ、いろいろ考えますよね。
リンクは大歓迎です。 これからも宜しくお願いします。
2008/06/02(月) 01:28:11 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。