Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
人ノート⑤:西郷隆盛:天を貫く至誠の人。
 さて、人ノートもいよいよ第5回を迎えました。
 
 かねてからtakaさんのご要望があった西郷隆盛が、今回の主人公です。

 
0.同時代人の評する西郷隆盛
1.略歴
2.思想-敬天愛人
3.人となり
4.政治における西郷隆盛
5.結びに


人ノート④キリスト:愛の人。
 さて、前回のブッダに続き、第4回人ノートは、ジーザス・クライストです。 キリストですね。 ジーザス、ヨシュア、イエス、全て、彼をさす名前です。

 彼の教えは、いまだに多くの人の心の中に生き続けています。 その理由を考えてみることは、とても重要だと感じています。 例の如く、基本的に、自分が学ぶべきと感じたこと、感銘を受けた事を中心に書いていくので、教理の正しさや事実の正しさを保障するものではありません。


 1.略歴
 2.思想-愛と神
 3.行い
 4.山上の垂訓
 5.結びに



人ノート③ブッダ:縁起の法を説いた慈悲の人
 僕は、自分の人格をなんとかするため、そして、将来投資活動をするときに必要な人を見る目を養うために、人ノートをつくっています。

 ※「人ノートって何?」という方は、こちらをご参照ください。


 さて、今日は釈迦牟仁です。
 世界三大宗教の一つ、仏教の創始者、ゴーダマ・シッダールタ。
 彼の生涯から、僕が学んだことについて、書いていこうと思います。 ご参考になれば幸いです。

 ※とても主観が入っているので、教理の正しさなどを保証するものではありません。 あくまでも、「僕のブッダ像」ということです。


 1.思想-縁起、無常、無我
 2.教え-中道、八正道、四諦
 3.モチベーション-慈悲と自らの苦しみの経験
 4.結びに

人ノート②周恩来―世界の人々が慕った大地の子。
 それでは「人ノート」第2段。 今回は、周恩来です。

 ※前回もお断りしましたが、このノートはもっぱら、僕自身の精神や、将来の投資活動に必要とされる眼力その他の向上に資するために作成しているので、学ぶべきと個人的に感じた内容のみを記すことになっています。 結果的に、ポジティヴな見方にバイアスがかかっている可能性があります。 もしテスト対策などに使ったら痛い目を見る可能性は高いので、ご注意を。



1.略歴
2.知性
3.徳
4.肝
5.手腕
6.結びに

人ノート1:ガンディー-真理と愛を帝国よりも強大にした人。
 望まれてもいないのに、はじめます。 「人ノート」連載。


 ※この「人ノート」は、個人史の記録よりも、その個人から学ぶ事を目的としているので、僕が感じたその人物の長所なりをまとめるのに重点が置かれます。 記録などに関しては、ウィキペディアなどをご参考にしてください。


 第一回は、この人。 ガンディー。


1.略歴
2.ガンディーにとっての神
3.メッセージ力・歴史観・非暴力主義
4.徳のある日々の行い
5.結びに


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。